フォト

-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 間質性肺炎とは? | トップページ | 入院3日目 パルス2日目 »

2012/04/14

間質性肺炎をもうちょっと詳しく

では、
さっきは、間質性肺炎の概要を載せました。


次は、分類についてと、私の病型についてをお知らせしようと思います。


あ、今更なんですけど、私は医療に全く詳しくもない一般人です(´;ω;`)

偏った情報や、もしかしたら間違った解釈があるかもしれません。

訂正箇所に気がつかれた方は、あとでコソッと私が傷付かないように教えてください(;´д`)

大きな目で見てやって下さいね。


ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ




特発性間質性肺炎ーIIPs
は"間質性肺炎"の中でも原因がわからない一群の病気です。


最近国際的に分類が整理され、日本でも分類や診断基準が新しくなりました
(第4次改訂)

以下の7疾患に分類されます。

1)特発性肺線維症(IPF)

2)非特異性間質性肺炎(NSIP)

3)特発性器質化肺炎(COP)

4)呼吸細気管支炎関連性間質性肺疾患 (RB-ILD)

5)剥離性間質性肺炎(DIP)

6)リンパ球性間質性肺炎(LIP)

7)急性間質性肺炎(AIP)


このうち頻度的にはIPF、NSIP、COPがほとんどを占めているようです。
喫煙との関連が高いとされるRB-ILD、 DIPがそれに続きます。




膠原病の患者さんは、病気によって抵抗力・免疫力が低下しているうえ、しばしば使われるステロイド薬や免疫抑制薬のため、からだを守る免疫のはたらきが抑えられ、細菌感染がおこりやすくなります。


肺の感染症がとくに多いのは、膠原病のなかでも全身性エリテマトーデスの場合だそうです。

こんなこと知りませんでしたσl(¨д¨;;)


また膠原病では、しばしば腎臓のはたらきが悪化し、からだの水分のバランスがくずれ、血液のねばりが増して循環が悪くなります。

今のところ、あんこの腎臓は元気です(o´・ω・`o)ノ゙

また、膠原病の治療薬によって間質性肺炎がおこることもあります。


このように、膠原病に肺病変が現われるのは、肺の感染症であったり、ほかの臓器の病変によるものであったり、薬剤による肺炎であったりします。


膠原病に含まれる多くの病気のなかで、 膠原病肺をおこしやすいのは強皮症、ついで多発性筋炎皮膚筋炎、全身性エリテマトーデスです。
関節リウマチでも肺の病変がみられます。
患者数が多いため、もっとも多く膠原病肺がみられる病気です。


膠原病肺の多くは慢性型ですが、全身性エリテマトーデスの肺病変は急性型が多いのが特徴です。


また、混合性結合組織病やシェーグレン症候群でも肺病変がみられます。


強皮症、多発性筋炎、皮膚筋炎に多くみられるのは、慢性型の間質性肺炎です。


関節リウマチでは、慢性型の間質性肺炎が多いのですが、ときに細気管支炎 、胸膜炎がみられます。


全身性エリテマトーデスでは、急性や慢性の間質性肺炎のほか、まれに両側性の胸膜炎による胸水がみられます。




つまり、
原因を突き止めるのは大切なことで、同じ間質性肺炎でも病型によっては、治療内容も変わるし、治療効果も変わるんだね(Д<)=
そして、似たような病状の肺病変もあって、それとも区別していかなきゃならないと。

予後が、大きく変わるのは、肺の線維化が進むかどうかと、ステロイドや免疫抑製剤が効くのかどうか。

それを知るためにも、病型を分類して、当てはめていく必要があると。

それでも原因を追求出来なかったものが、突発性間質性肺炎、または、突発性肺線維症と呼ばれ、国の特定疾患になっていると。


という解釈でいいのかな?


チラっとみたページでは、数年前から、肺の線維化を防ぐピルフェニドン(ピレスパ錠200mg…進行する肺線維症UIP型には、これしか効かないそう)という薬があるみたいなんだけれど、それに勝る新薬が登場するかも!
今年2012年に、慶應義塾大学薬学部が、開発と発表したそうです。
その名も、"PC-SOD"
活性酸素が、肺の線維化にはよくないみたいだから、自身の酵素を増やし活性酸素を抑える薬のようです。
いつか、使えるようになるのかな。


とにかく、私はこれ以上の線維化を阻止しなくてはいけないね(;_;)
ゆっくりゆっくり進んでいってしまうかもしれない、急に襲ってくるかもしれない。
でも、どこかの記述のように、一時的なもので、進行が止まるかもしれない。
また、何年も再発なく元気にやってて、脱ステロイドかも!と言えてるような人になれるかもしれない(>3<)三


医学の進歩にも賭けたい。


何もかもわからない。


ただ、日常的に爆弾を抱えることにはなる(´;ω;`)


生活で気を付けることがありすぎるけど、自分を見つめて、大事に生きなくては(*^^*)




ポチっとね!
ブログランキング・にほんブログ村へ




« 間質性肺炎とは? | トップページ | 入院3日目 パルス2日目 »

間質性肺炎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 間質性肺炎とは? | トップページ | 入院3日目 パルス2日目 »