フォト

-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 不明な激痛 | トップページ | 特定疾患医療給付 »

2012/07/09

3mgで3.8ng

外来がありました。あっという間の1週間のよう。だけど退院してから1ヶ月ちょっと…と考えるとまだそんなもんかぁと嘆き気分だなぁ(´Д`)
薬も安定しきれてないから、この調子でずっといくわけではないだろうけど、"いちいち"の様々な体の変化や症状に「いやんなっちゃう」←最近の口癖とつぶやかずにはいられないよ。暑いしね、余計にいろんなことが億劫だわ。


プログラフの血中濃度が、まだまだ足りなかったよ。
3mg飲んで 3.8ngまでにしか上がっていなくて、本来目指すは、5ng~20ngって前にも書いたけど、だから足りないし、増やしたい位だけど、先日起きた激痛が、プログラフのせいではないとは言いきれず、メジャーな副作用ではないけどもあり得るそうだからこの状態では増やせないそう(≧з≦)


プログラフの副作用も、ステロイド同様めんどくさい事にいーーーっぱいあるんだけど、吐き気、肩や腰が痛い、頭が重く常にもやもやしてる、手が震える、むくみってのが、あんこがプログラフ飲むようになってから明瞭に出てきている副作用かな。
ダルイとか、火照りとかはステロイドの副作用と交じっているような感じだし、まぁ、たっくさんの変化を迎えているよ。。。ほんと、いやんなっちゃう。←二言目にはやっぱりこれ


この4mgって量がどのくらいなのか?ってことだけど、飲む人だと10mg飲む人もいるし、格段多いとは言えないって。よかったーって感じ。その10mgがどのくらいの危険があるのかわからないけど、薬は少なく飲んでちゃんと効くのが何より!
薬って耐性が出来てきちゃうでしょ・・・効かない効かないでどんどん増やしていったり、強くしていくのは避けたいこと。
プログラフとの相性もまだわからないところだし、これでだめなら違うものをトライすることもできるようだし、まだ、余裕があるって思っていていいんだよね?!
効いてないわけではないしね(*-∀-)ノ゙ま、様子をみましょうってことしかないんよね。


次回は21日後。毎週来ましょう位な感じだったけど、いいのかしらね?足りないって言われてるけど、増やせるわけでもないし、いいんだろうね。もし、次回数値よかったら、ステロイド減らすって。
ステロイドが減るのも、病院行く回数が減るのもうれしかこと(=゜ω゜)ノ


CTも撮ったけど、先生がみたところ変わらず、むしろ前よりいいみたい♪
別日に専門医がみてくれるそうだよ。また次回聞こう。




夕食は最近はまっているタイ料理。
あまり辛いもの、味が濃いもの、しょっぱいものを避けた食生活を!と言われ退院してきたので控えてめっきり食べていなかったけど、暑くなってきたら私の中のタイ熱が復活してきちゃった( ゚▽゚)/たまにだったらい~よね??

C360_4915

しかもタイ料理と言ったら?との問いに必ず挙がるポピュラーものフルコース並に今日は用意したよ。おいしかったけど、久しぶりだったから辛かった~( ノД`)
でもやっぱり暑い時にすっぱからいのは最高じゃ!!


・チキンのバジル炒め
・ヤムウンセン
・タイ風から揚げ
・イカのサラダ
・エビとチキンのグリーンカレー







ポチっとね! ブログランキング・にほんブログ村へ




« 不明な激痛 | トップページ | 特定疾患医療給付 »

間質性肺炎」カテゴリの記事

コメント

ぶーすかさん♪
こんにちは!貴重な情報ありがとうございます。そうなんですね、そういう方何人かいらっしゃってて、みんないろんな意見を持ってましたが、私としては軽い抗がん剤だから耐性が出ちゃうんじゃないかなぁって思っています。
もう少し頑張って飲んでみます、今のところ大丈夫です!ただ、毎日体調違いますよね。昨日は手の震えがひどかったです。
糖尿病も気を付けないと、なんですね。好きなものバクバク食べちゃってますσ(^^) 気を付けないとですね。うーん、むずかしいけど・・・・
いつもありがとうございます^^

こんにちは~
薬の耐性といえば、プログラフがまだ認可されなかった頃、
折角効いていたこの薬を金銭面から中断したら
めちゃくちゃ抗dsDNAIgG値が上がって、パルスでも全然下がらなかったので
長期入院で血漿交換を数回するハメになりました。
入院中からあわててプログラフを再開してもらったんだけど
効き始めるのに1年近くかかったし、
最初のように効くまでには薬の効きが戻りませんでしたよ(´_`。)
プログラフの副作用で一番多くて心配なのは糖尿病なのですが
一度中断すると私のように効きが悪くなったりすることもあると思うので
もうしばらくは頑張ってみてくださいね(ㆀ˘・з・˘)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不明な激痛 | トップページ | 特定疾患医療給付 »