フォト

-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 南房総どしゃぶり旅行 | トップページ | ひとっとび洞爺湖 »

2012/10/15

7mgで5.8ng

このブログもずいぶん廃れさせてしまって申し訳ないな。
私が更新しないのがいけないんだけどね、ネタはあるっちゃああるんだけど、なかなか文章を書く行為というのがおっくうで。
今回書こうと思ったら、パスワードをすっかり忘れてしまっておりました(;´д`)ゞアハハ
参った、参った。
さて、10分かけてようやくBingoしたので、今日の通院報告です。


プログラフの血中濃度、やっと目指してた5ngに届いたよ~、やっと( ノД`)、7錠飲んでやっと。
だけど、これだけで安心は出来ないんだよなぁ。
心配のKL-6は相変わらず1300超えてるし、sm抗体は順調に下がってはきているけど、それでもまだ348だったかな?これ、基準値10だからね~
入院時は3600位だったから、確実に活動期入ってたんだろうけど、今はこれだけの薬飲んでやっと現状をキープしてる。薬で抑えてるだけなんだろうけど、病状は落ち着いていると言っていいのかな?
あ、そうそう、免疫抑制剤飲む前はsm抗体1400位あったみたい。ステロイドだけじゃそれより下がらなかったからプログラフ追加になったんだろうね(xдx;)
飲んだ途端に600位までガクンと下がったんだ。それから毎月の血液検査の度に数十単位で下がって、今300台ってこと。
これがどこまで下がるか・・・・多分、この数値は私の病状の悪化度合を計るのにかなり重要な数値だと思うから、下がって欲しい(*≧д≦)
下がるか下がらないかがきっと今後を左右するだろうな、と思う今日この頃。


ステロイドは15mgに減ったよ~ヽ(;´Д`)ノ17.5mgを1ケ月以上も飲んでたことになるよ、あー長かった。
15mgにしたからって大きな変化はないだろうって思うんだけど、副作用の出方っていうのかな?やっぱり蓄積されてる量も増えてきているし、すごくよく出てくるようになったと思うんだよね(;゚Д゚i|!)
最近気になるのは、顔のニキビかな。顔ニキビは頻度の高い副作用と聞いていたんだけど今までならなくて、背中とか胸の目立たない所だけだったんだけどね・・・。
最近ボツボツだよ。
ダラシンローション塗ってるけど、効き目なしだなぁ('ε`汗)


CTは変化ないそうです( ´ ▽ ` )ノ変化があっちゃダメなんだけどね(笑)
とりあえず、よかった、よかった


次回は12月、2ヶ月に1回の通院になりました。これっていいことだよね!?でも、快方に向かっているから・・・ではなく、現状維持出来ているから。ただそれだけだから、不安は不安だ(;A´エ` )
でもま、ひとまずこれでよしとして、悪化しないようにしていくしかないね。
これから冬だし、感染症には気を付けないと。
最近やたらと具合のアップダウンが多いし、朝起きた時に体調悪かったり、のどの調子変だとビビるんだよね。何が悪化につながるかがわからないから、ちょっとの変化でも気になってしまうのです。


 

ポチっとね! ブログランキング・にほんブログ村へ




« 南房総どしゃぶり旅行 | トップページ | ひとっとび洞爺湖 »

間質性肺炎」カテゴリの記事

コメント

ぶーすかさんお久しぶりです!
ところでステロイドって15mgを10年以上も飲み続けていいものなんですね(/□≦、)
それにびっくり&悲しい~、そっかーそれじゃあ体系キープするの大変ですよね。
私、飲み始めてから10kg増えました。だけど、ステロイド減らすって先生言ってたし、減ったら元には戻るって言ってたからそれまでの辛抱だなぁって考えてましたが、全然そうじゃないようですね・・・色々と不都合を残していく薬なんですねー( ノД`)
ありがとうございます、いいアドバイス頂きました!

間質性肺炎になってから初めての秋冬なので、緊張しちゃいます。
風邪ひきたくないです。
ぶーすかさんも、お大事にしてください( ´ ▽ ` )ノ

こんにちは~お久しぶりです。
退院からだいぶ落ち着いてきているみたいで良かったです~\(^O^)/
プレ減、おめでとう~(o´▽`)
15mg以上を10年飲み続けてきたものからの注意点は
転ぶな、風邪引くな、食べ過ぎるな
ですね…(´ー`A;)。
特に、プレで伸びたり弱った腱はもとに戻らないみたいです。
プレの副作用が心配ない量まで減った今でも親指が脱臼するし
また転んだらえらい怪我につながりそうで階段を降りる時は慎重にしてます。
これからインフルエンザが恐い季節に入りますね~(≧ω≦)
お互い、気をつけようね~どうぞお大事に~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南房総どしゃぶり旅行 | トップページ | ひとっとび洞爺湖 »