フォト

-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 九州旅行① | トップページ | 九州旅行③ »

2014/02/11

九州旅行②

博多から、車で1時間半くらいで伊万里焼や有田焼の有名な佐賀県有田町にたどりつきます。


私達の結婚式には、深川製磁のミラノコレクションの梅型のお皿を引き出物にしてて、その本店に行きました。とってもレトロで渋い建物で、テンションあがってしまいました。
Img_6361
それにしても、有田の街並みはとっても古く、1本中に入ってしまうとぐねりと曲がる細い道に、小川には古びた短い石橋が架かっていて、瓦屋根と木造のそれまた古びた家屋が点在していて、白いタンクトップ姿の坊主頭の男の子達がわーって叫びながら走ってきたらきっとぴったりはまるんだろうな、とそんな時代知らないのに懐かしいような、初めてのような不思議な空間に迷い込んだようでした。


だけど、悲しいかな、インターネット文明。
ここじゃなくても買えるんじゃない?って思いが頭から離れない。
深川製磁は世界に名を馳せているから、日本でも直営店が主要都市には必ずあるし、デパートにもある。そして、なんといってもネットで扱っているお店が多いのよ!
だから、いろんなお店をまわるもコレ!!っていうものを見つけられず数点買っただけで、あ~いい買い物したなって思いには至らず・・・・。
なんか予定してた自分のテンションまでたどりつかず、じゃ、さっさとハウステンボスいっちゃいましょかーって感じでしたヽ(≡ω≡;ヽ)来た時期が悪かったかも。


佐世保の米軍基地や九十九島をまわったりして夕方過ぎはハウステンボス着。
今回は初めて園内のホテルに泊まりますよ~ワクワクする。


ホテルアムステルダム 園中心にあって何かと便利と聞き予約したけど、4Fの特別フロアーは専用の無料ティーラウンジがあって軽食やドリンクがいっぱいo(*´∀`)o
Img_0667 Img_2650
ヨットハーバーを眺めながらのティータイム、う~んとれびあ~~ん☆
Img_7581
最初、今用意している部屋よりも展望がいいから、園内見渡せる部屋をオススメしますって言われて案内されたけど、反対側が海って知って変更してもらったの。
彼らは海に慣れっこかもしれないけど、私達にとってはこっちの方がずーーーっとずーーーっと貴重な風景なんだよなぁ。

Img_2580
お部屋はローラアシュレイで統一されたスペシャルルーム☆スキ!!
Img_6188
アメニティはロクシタンだし、オナゴには胸キュンセットがいっぱいヾ(*´∀`*)ノ
ワンコ連れだとほんとこんな思いってなかなか出来ないよね~
こういうちゃんとしたホテルでもワンコOKな所がもっと増えればいいなぁ。

Img_5409 
さすがに平日、人いない(・∀・。)
人生2度目のハウステンボス。経営が変わってからすっごい楽しくなったって聞いてたけど、期待しすぎたのか、そうでもなかったわ。
近くの人はいいかもしれないね。

Img_6696
この時期のイベントは、イルミネーションと仮面武道会と3Dのマッピングイルミネーションでした。
マッピングとイルミネーションのコラボは世界初だったようで、迫力あったよ~
上の写真はiphoneから撮った写真。すごいよねぇ、実写には見えない。
旦那が撮ってた一眼レフはさすがにもっと陰影がはっきりしててすごかったけど、きれいに撮れて満足でしたー。


仮面武道会も、マスクを宿泊者には無料に配布していて、マントも借りて踊りまくってた人を楽しく眺めていました。健康だったらきっと私も踊っていただろう、なんて思ったり。


夜は、ハウステンボス内にある居酒屋で飲みました。
バーに行こうか迷ったけど、今思うとなんでバーにしなかったんだ?
雰囲気重視せず、米食いたい=和食=居酒屋しかなかった感じで一気にジャポニズムになりました。


夜中近くになり、コンビニに行きたくなって(ハウステンボス出てすぐのところにある)歩いて園外に行くしかないのか?と思い聞くと、ホテルの車で送迎しますよ、とのこと。
真っ暗の中、迷路のような園内を移動する中、同じように暗闇ハウステンボスを散歩しながら楽しんでいるカップルも多くて、みんな思い思いに過ごしていました。







↓再販開始してます。よろしくおねがいしますm(_ _)m


津軽こぎん刺し 朝小布 annKogin http://annkogin.com

朝小布 annKogin facebook  www.facebook.com/annkogin




ポチっとね! ブログランキング・にほんブログ村へ

« 九州旅行① | トップページ | 九州旅行③ »

おでかけ記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州旅行① | トップページ | 九州旅行③ »