フォト

-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« こぎんフェスに行ってきました1 | トップページ | こぎんフェスに行ってきました3 »

2014/05/20

こぎんフェスに行ってきました2

こぎんフェス自体今回で3回目ということで、今年の会場はこのようにホールを貸切って行われました。去年のフェスにも来たけど、あるショップを貸切ってやってて狭かったしね。
これからどんどんメジャーになっていくフェスになるだろうなぁと思います。Img_8228

会場をぐるりと囲むように12、3人程の作家さんが集まったのかな?私含め県外からの方の方が多くて、しかも年齢も30代が殆どだったから、年配のお客さんには目新しいものが多すぎたのかもなぁと思います。


これが新しいこぎんなのです。(って断言していいものか・・?(;´▽`))
Img_8278
これは結構古典的なこぎん、実行委員会ブースの素敵なこぎんちゃん。

Img_8250
古典柄の総刺しでくまちゃんやうさちゃんを作るkogin*bear styleさん。
私の部屋にも彼女の作品のくまちゃんが3体おります♡

Img_8255
津軽藍染と革とこぎんのコラボの大人かっちょいーこぎんT.A&Co.さん

Img_8240
古典的ながらどこかロックでファンキーな心を感じるSwallowtailさん

Img_8249_2
ほんわかした中にキリっと際立つ藍染めや手染めのKirk's dikdikさん


などなど、他にもいくつかのブースがありましたが、すみません、写真がなくて。。。

実際私の作品を見て顔をしかめる人もいたし、北欧色を楽しくないから私はこういうの刺さないわって嫌う人もいたし(孫から北欧柄をこぎんで刺してと頼まれてやらなかったくらい)
THEこぎんってものこそこぎんで、他のはまねっここぎんって思う方も中にはいることは承知しています。伝統工芸ですから、思うことも色々でしょう。


そういう方は自分でもしっかり刺すすごい刺し手さんだから、やっぱり尊敬します。
ただ、好みって人それぞれだし、こうじゃなきゃいけない!ってものをこぎん刺しって色濃く残しちゃいけない気もします。だって、紺+白だけって面白くもなんともない。
時代が許さなかったわけで、その当時でも色のついた糸があれば好んで刺していただろうと私は想像します。(藩の農民への贅沢禁止令みたいなもので藍染の地に白の木綿糸しか許されなかった。)


ある有名な先生に、「カラフルなものに否定的な人もいっぱいいる。だけど、そういう否定ばかりしてるとこぎんそのものが廃れちゃうからあなたたちは自分の感性でこぎんってものを作り続けて行きなさい。」って言って頂きました。
「ただ、こぎんのスタイル(規則性があり、奇数刺しが基本)を変えてしまっているものもあって、そういうのもこぎんなのか?ってよく取材でも聞かれるけど、その時は私は頭をひねってしまうのよ、それはやっぱりこぎんとは呼べないのよね。」と。


ええ、わかりますとも(#゚Д゚)
布に刺すだけではただの刺繍よね。
こぎん刺しって、規則性があるゆえ融通がきかなくて、横一線の積み重ねでしか表現できない不器用さがあって、なのにその積み重ねを続けるとすばらしい模様が浮き出てくる。
これがこぎん独特の”シンプルゆえに強いうつくしさ”が生み出される重要な過程なのに、その中で器用に走るななめの線はちょっといただけないと思うんだよね~(。-ω-。)


その辺の規則はちゃんと守って、これからも精進します(偶数刺しが混じってもそれはいいよね。)
もっともっとちゃんとこぎんのよさがぎゅっとつまった、現代に合うかわいいこぎんを作り続けて、いろんな人にこぎんを知ってもらい、沢山のアイテムを身につけてもらえるようになること!
それが私の仕事かなって思ってます( ・´ω`・ )


え~と、話がちょっとそれた。それたついでに2個グチってもいいかな??


冷やかしじゃないけど、もっぱらネタになるようなもの探しに来ました~、露骨に作り方やこの金具どこで買った?なんて質問も多くて、それはこだわりでもあるからちょっと嫌だったの~( ノД`)


商売にするために、いいもの作ろうと試行錯誤して、材料も安く仕入れれるようにメーカーから買えるように交渉したり、調べたり、さばけるか分からないリスク承知で大量に仕入れるから安くしてとかそういうことをしているのに、自分で作れるから商品はいらない、金具だけほしいから場所教えてってねぇ。
ごめん、私そういう”得だけ”の人に冷たいの(;A´エ` )
自分で探してよ・・・・趣味と商売は違うのよ・・・・。


また、今回、値切られるという初めての経験をしました。手仕事のものを値切られると悲しか~(つд-。)でした。


数時間かかるものを数百円で出しているものもあります。なぜかというと、それ位の価格であってほしいな、という私がもし買い手だったら~の気持ちが強く、その気持ちは私の付ける価格にかなり影響してます。


(;^ω^A本当だったらその1.5倍でもいいと思うんだけど・・・・(心の声)


機械で量産出来るものなら値切りもアリなのかと思いますが、寝る暇惜しんで自分の時間を作品に費やしていて、それをお金にかえてしまっているけれど、あぁ、値切りたくなるようなものだったのかなぁと悲しくなったのです。


グチってすまん!下げたらあげるぜ。


私の作品を見て言っていただけた言葉は

「いい意味でこぎんらしくないこぎん」
「逆輸入こぎん」
「こんなこぎんを待っていた」
「古典の中に色合いがとてもよく馴染んでる」
「配色から何から何までかわいい!」


って書いてて照れますが、こんなお誉めの言葉を沢山いただいて本当に嬉しかった(*>艸<)もう本場の方の意見が一番怖かったけど、こぎんを知ってて当たり前ゆえにその先の工夫を分かってくれて、こんなに心強いことはなかった。


警備員のお兄さんは基本私のブースの近くに立っていたんだけど、3日目の朝一番にして「もう我慢できません!最終日だからなくなっちゃう前に買っておきたい。売れちゃわないかどうか気になって気になって仕事になりません。」
って言って、奥さんの分も含め、キーホルダーを買って下さって、さっそく付けてくれてね、もう感動的でしょ。


また、「ファンです、虜です、昨日見たときにもう世界に引き込まれちゃって、頭から離れなくて今日までしかいないって聞いてもう一回ちゃんと見たくて来ました!」と手土産持参で来てくれたり、
友達のブログでアンコギンが載ってて、自分もほしくなって来ました。
娘が買ってきてて、私もほしくなったから来ました。って足をわざわざ運んでくださって、またその反対もあったり。口コミが多くて私もびっくりしちゃった。
「すごくいいものばかりだから人にプレゼントしたくなる。」って言って沢山買っていってくださったり、もう、なんともうれしき出来事ばかり。


私、弘前に住んじゃおうカナ・・・・((∩^Д^∩))


そんな素敵な3日間でした。



展示作品については、今は亡き前田セツ先生のすばらしい作品(撮影NG)を始め、男性の作家さんの作品も多く、もう圧巻。

Img_8238
この文字も余白に見える部分も全部刺しているんだからもう、もう、素晴らしいの一言。
男性ならでは強くもあり、繊細な針仕事。

Img_8257
そして、こちらの作品は日本現代工芸美術展で現代工芸賞を受賞したという今回の目玉作品で、なんとこちらの方埼玉在住なんだそう。いやぁ、すばらしい。


他、色々と展示されてました。あまり写真撮らなかったから少ない。。。
Img_8239 Img_8248  Img_8270 Img_8293 Img_8245

弘前のキャラクターたか丸くんが遊びにきてくれてこぎんベアちゃんとコラボ
Img_8305

誰でも見れますので、こぎんフェスのフェイスブックサイトで写真が沢山載ってます。
こぎんフェス2014



来年も是非参加させていただけたら。。。と思います。とてもいい経験になりました。
本当に参加出来て嬉しかったです。









(新作はサイトには一切載ってません。facebookにちょこっと載せてます。)

↓再販開始してます。よろしくおねがいしますm(_ _)m


津軽こぎん刺し 朝小布 annKogin http://annkogin.com

朝小布 annKogin facebook  www.facebook.com/annkogin




ポチっとね! ブログランキング・にほんブログ村へ




« こぎんフェスに行ってきました1 | トップページ | こぎんフェスに行ってきました3 »

こぎん刺し」カテゴリの記事

コメント

あさきちさん♪
こんにちは!コメントありがとうございます。そしてこぎんフェスではお世話になりました((∩^Д^∩))本当に楽しかったですね。私も本当にいい刺激を受けて大きな励みになって帰ってきました。みなさんがあたたかく迎えてくださって感謝しています。

それと、あさきちさんが謝らないでください・・・どこにでもちょっと強引さが際立つ人はいるものです。その方にとっては私はまねっここぎんだったのでしょうし、スルーされずに、金具だけでも気に入っていただけたことはそれだけでも成果といっていいのかもしれないですよね。

今後材料販売なども視野に入れた方がいいのかもしれないですし、こぎんフェスではより必要性があるのかもしれないですね。
来年も参加出来るのなら、そのあたりも考慮して準備させていただきます( ゚▽゚)/

またお会いした際は色々こぎんのことお話しましょーう!

こぎんフェスで楽しんできたひとりです。
青森人として、まずお詫びしますm(_ _)m
私も含めて、青森の人はこぎんが身近で、刺されてる方が多いので、材料や刺し方などといったものに目がいってしまうのかもしれません…。
こぎん刺しが好きなひとりとして、私も言動に気を付けたいと思います。
フェスでは、anncoさんの作品は、入った瞬間可愛い!と思いました。
色合いが特に!私もanncoさんのように、私流のこぎん刺しを楽しんでいこうと思いました。

ELKさん♪もうすぐ手術ですね!入院中は可能であればこぎんをするいい時間になりそうですね。
私も先日の入院時はこぎんやりましたが、廊下側だと暗くてすぐ目が疲れてしまいました。

こぎんフェスでのやり取りはやっぱり考えても失礼な方だったなぁと今でも思います。普通にやり方聞いてくれたり、私の作品に興味持ってくださったりすれば気持ちよくお答えしてました。
試行錯誤してますもん、簡単にはおしえません(^▽^;)

ともあれ、手術の成功とこぎんをする時間がたくさんとれますように、応援しています。
体調崩さないようにしてくださいね。最近暑くて暑くて大変です。

すごいですね。私、まだこぎん刺しを始めたばかりなので作品一つ一つがすごい!!!です。
愚痴、わかります!
私もハンドメイドする一人として、値切られたりするとかなり自信なくしちゃうし、悲しくなります。
材料の事も分かります。ただ、きっとそこに来ている方は自分でも刺していて色んな人の作品を参考にしたいと勉強している人もいらっしゃるのかもですね。
でも、聞き方や作品を買って研究したり、色んな情報交換をしながら・・・って言うのが常識かな?とも思います。

私も6月からお仕事もお休みで暇な2週間の入院生活突入するので、もっとこぎん刺しに時間を費やせるかも♪と思って材料を物色しています。
なかなか上手になれませんが、anncoさんの作品のようにバラエティ豊に楽しめるこぎんを作りたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こぎんフェスに行ってきました1 | トップページ | こぎんフェスに行ってきました3 »